ひらめきが成功を決める!SEにとって重要な休暇

システム開発の中心を担うSE

現代社会の基盤を作り上げている情報システムは歴代のSEによって原案が作られてきたものであり、それが洗練されて現実の社会で活用されるように仕上がっています。SEの仕事は新しいシステムを考案することによって、現実にある課題を解決するということであり、そのために情報システムを活用するというアプローチを取ります。そのために日夜頭をひねって新しい発想をもってシステムを考えることが必要とされる職業となっています。

考案したシステムが採用されるかはひらめき次第

与えられた課題の解決をする場合や、課題から探す場合など、企業によってSEがどこからシステム開発の仕事を担い始めるかは異なります。しかし、共通しているのは新しいシステムを考案して提案し、それが採用されると実際の開発に移行できるという点です。考えたシステムが採用されるかどうかは実現可能性とそれによるインパクトの大きさが主な尺度であり、常に革新性が求められます。革新はひらめき一つで決まることが多く、いかにしてそのひらめきを生み出すことができるかがSEとして成功するかどうかを分ける重要なポイントになります。

SEにとって重要なのは頑張りすぎないこと

ひらめきをもって革新的なシステムを作り上げるためには日々努力することが必要です。しかし、過度な緊張は柔軟な思考を妨げる原因にもなってしまうことから、頑張りすぎないことを意識するのもまたSEにとって重要な観点です。ときには休暇をとって頭を休めるということが緊張をほぐし、突然のひらめきにつながることも珍しいことではありません。成果をあげなければならないと頑張るのではなく、思い切って休暇を取るということもSEには必須な考え方なのです。

ネットワークエンジニアは、システムの要件に合わせて帯域幅や構成を検討し、仕様書に明記します。実際に物品の購入と設置を行うこともあります。