時間にも注目したい!飲食店アルバイトの内実

繁忙な時間帯を避けるか選ぶ

飲食店は私達の身近に沢山存在しています。中華やフレンチだけでなく、ファミリーレストランからファストフード店までその種類も多様なのです。飲食店で働く場合、自分にとって向いている料理のジャンルを選ぶようにしましょう。またこうしたバイトは昼や夕方に繁忙時間を迎えます。もしもバリバリ働きたい場合は日中や夕方にシフトを入れてもらうようにしましょう。逆にゆっくりと働きたい場合はそうした時間帯を避けて夜の勤務を選ぶと良いでしょう。

飲食店にはどのような仕事があるのか

飲食店と言えば接客や調理を主に思い浮かべがちですが、閉店時間間際に働いた場合は締め作業を行なう事になります。締め作業ではお金の精算を行ないますので、実務能力が求められます。また何よりも大切なのが清掃業務です。飲食店は衛生環境を整える事が大切ですから、隈なく掃除する必要があるのです。もしも飲食店で食中毒を発生させてしまった場合、以降の営業に大きな打撃を与えてしまいます。また飲食店はガスを取り扱う場所ですから元栓の確認は重要です。

飲食店で最も大切なキッチンの仕事

キッチンの仕事は飲食店にとって花形です。こうした場所でバイトしたい場合、最低限の技術は身につけておくようにしましょう。お米を炊く方法や包丁を使う方法など、基礎的な技術が求められます。一方ピザ屋さんやお寿司屋さんなどであれば包丁を使用しない場合もあるので安心です。もしも凝った作業が苦手な場合、ルーティンワークで働けるような飲食店で働くようにしましょう。逆に将来本当の料理人になりたい場合は一から技術を教えてもらえるバイト先を選ぶのが良いでしょう。

接客の求人は数多く出ています。そのために、自分の希望に合うシフトや時給の応募先を探すことが大事です。